子育て

「なんのために勉強するの?」私が子どもに伝えたこと。

子育て

こんにちは、こなすです。


40代高卒凡人のシングルマザー。息子は公立高校3年生、塾なしで今年最難関大学を受験します。17年の子育て経験を伝えたい!をモットーにブログ書いてます。


なんのために勉強するの?

その理由も分からないまま、勉強嫌いになってしまうのは、すご~くもったいないです。

大人になってから、あの時もっと勉強しておくべきだった!と思ったことがあるかたも多いと思います。

そうならないために、子どもには親から伝えてあげたいですね。

なんのために勉強するのか。

私なりの答えはズバリ、“将来なりたい自分になれる可能性が高まるため”です。

抽象的すぎて、子どもに伝わらなくない?

はい、すみません。おっしゃる通りです。

スポンサーリンク




夢がみつからない人ほど勉強するべき

夢がはっきり決まっている子はそれに向かってやるべきことを頑張るでしょう。

しかし私は、まだ夢が見つからない子ほど、勉強してほしい!と声を大にしていいたいのです。

勉強をしっかりしておけば、夢が叶う=将来なりたい自分になれる可能性が高まるのです。

このように思うようになった、私のちょっとした人生の振り返りも交えてお話ししたいと思います。

昔の私はクズすぎて恥ずかしいのですが…

え?クズの話なんて参考にしたくない?

いえいえ、そういう方にこそ読んでいただきたいです。

貴方のお子さんが私みたいなクズにならないように、ですよ。

夢がみつけられなかった学生時代

小学生のとき、将来の夢を発表する授業ありませんでしたか?

医者になって苦しんでいる人を助けたい!とか、サッカー選手になって有名になりたい!とかキラキラ目を輝かせて発表する子もいます。

一方、正直夢なんてないよ~という子が多いと思います。

私もそうでした。夢ってなんだ??授業では、適当に“夢”を見つくろって発表していました。

小学2年の時に、女子の間では可愛く“ケーキ屋”さんとか“花屋”さんとか発表するのが流行していました。

いかにも女の子らしいですね。

いいなぁ、ケーキ屋さん。と思っていたくせに。

他の人と絶対被りたくない…と、謎の感情にとりつかれ、私はなぜか全然興味もない“帽子屋”さんと発表しました。

なんでやねん!帽子に興味もってるとこ見たことないわ(笑)!と家族全員、総ツッコミ。

今でもこなす家に語り継がれる、ひねくれっぷりです。反抗期だったのでしょうか(笑)

そんな超ひねくれた心を持った私は、とくに夢がなく、とくに頑張れることも見つけられず学生時代を過ごしてしまいました。

高校卒業後は、就職する予定だったので“遊び”をとても丁寧にがんばっていました。

ついに見つけた!夢の前に立ちつくす壁

そして高校2年の時、薬剤師さんになりたい!と思う出来事がありました。

進学校ではなかったので、数学Ⅰしか習っていません。古文も独学が必要でした。

はじめから大学進学を目指していた友達は、高校入学直後からそれを見据えて勉強してきたそうです。

選択教科は数学を取るといいよ、とのこと。

マジか絶望。ソンナコトシラナカッタヨ…オシエトイテ…。

もう2年の2学期だから、かなり出遅れたもよう。慌てて数学を選択します。

少しの間、頑張りましたが努力のやり方を知りません。

どうせ自分なんて…、と思い過ごす毎日。自己肯定力が低かったです。

高すぎる壁をまえに、諦めるしかありませんでした。

凡人ロードのレールにのった瞬間です。ガタンゴトン…

まだまだ学歴社会の日本

凡人レールにのったとしても、努力して自分の道を切り開き、成功しているかたもいらっしゃいますが、ごく一部ですよね。

努力しない人が悪い、という声が聞こえてきそうですが、いちど失った自信はなかなか回復しません

社会人になって随分たちますが、高卒凡人の私は今だに、学歴社会だなぁとひしひし感じています。

なんだかんだいって、凡人にこそ学歴大事。

だからまだ夢が見つからない子ほど、勉強してほしい!と声を大にしていいたいのです。

親の言葉で伝えよう

私の両親は2人とも高卒で、教育に関心がなかったため、勉強する意味などもちろん教わったことはありませんでした。

それどころか成績優秀なら、学費が免除になる制度があることさえ知らなかったのです!

後から知り、とても残念な気持ちになりました。

田舎の公立の学校に通っていると、周りの教育に関する意識もそれほど高くないため、子どもは親の背中をみていくしかありません。(田舎に対する偏見かもしれませんが、田舎っ子の私の感想です)

子どもが意識を高くもてるように、親が教育に関心を持つことが大事だと思います。

そして、子どもの個性を1番知っているのは親ですよね。その子にあったアドバイスができるのは、小さい時から育ててきた親だけだと思います。

今は情報があふれかえっている時代です。

自分自身の経験と正しい情報をふまえて、親の言葉で子どもに伝えて欲しいと思います。

まとめ

なんのために勉強するの?

答えは将来なりたい自分になれる可能性が高まるためと冒頭でいいました。

以下、具体的に私が子どもに伝えたことをまとめましたよ。(私自身が学生時代、知りたかったこととも言える)

  • 成績優秀なら、学費が免除になる制度がある。
  • 大学進学のためには高校は進学校でなければ苦労する
  • 専門性のある学習は高校を卒業してからでも遅くない
  • まだ将来の夢がないなら、将来なりたい自分になるために勉強しておこう。
  • とくに得意なことがないよ、という時も同じく、将来のために勉強しておこう。
  • 身につけた知識は逃げない。勉強して損はない。勉強しないと損しかない。

私は息子が中学生のときに話しました。

クズだった私のようにならないように、世の子ども達にも人生がんばって欲しいな~って思います。

ちなみに私は今、勉強大好きです。子どもと一緒に勉強することで、楽しさを知ることができました。

勉強嫌いな子どもも、勉強好きになる可能性があるってことだと思います。

親子で一緒に楽しく勉強しましょう!きっと勉強好きになってくれると思いますよ。

おわり!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました